独学で宅建の資格取得に挑戦【あると有利になる】

勉強

受験対策の方法は

公認会計士に合格するための受験対策には、民間の専門学校に通学したり通信講座で勉強する方法が人気です。通学、通信講座は60万円〜200万円と、運営する学校やコースによって幅がありますが、相場はどちらもあまり変わりません。最近の通信講座は映像授業を取り入れており、通学さながらの授業が受けられ評判です。

Menu

勉学

通学しなくても卒業できる

何らかの理由で高校へ進学できなかった人でも、高校卒業の資格を取ることは可能です。例えば、通信制高校を活用してみましょう。月に2,3日などの登校日はあるものの、基本的には自宅で学習ができます。そのため、引きこもりな人でも高校を卒業することができるのです。

女の人

宅地建物取引主任者の取得

宅建は国家資格で難易度が高めですから通信講座を活用して勉強すると合格率が上がる可能性があり、お勧めです。通信講座では、宅建を合格できるための参考書や問題集を提供してくれて分からない所も質問できるメリットがあり、独学よりも質が高い勉強ができます。

通信講座でメリハリ勉強を

男性と女性

合格に向けた教材選び

宅建の資格は不動産系の仕事に就職や転職をしたい方にとってはあると有利になる資格であり、勤務先によっては独学で取得するよう勧められることもあります。家業の不動産会社を継ぐ場合や将来的に不動産関連の会社を経営したり、個人で活動したいといった際にもなくてはならない資格です。宅建は独学でも合格レベルに達することができる資格の1つですが、不動産売買や賃貸の知識や民法をはじめ宅建業法や借地借家法などの法律に初めて触れるという学生さんや、全く異業種で働いてきた方にとっては理解が難しかったり、専門用語が頭に入ってこないケースもあります。そのため、独学で短期間で合格レベルに達したい際や一度の受検で一発合格を目指したいなら通信講座や、ネットなどで取り寄せができる合格対策の教材などを利用するのがおすすめです。通信講座は通学制の講座に行く時間が持てない方や近隣にスクールがない方も、場所や時間を問わず独学の頼もしいパートナーとして利用でき、費用面でも通学の講座より格安なのが魅力です。選び方の基準としては幅広い試験範囲の中でも、試験で出るところや出ないところをメリハリをつけて学習できるシステムになっているものや、説明だけでなく、過去問や予想問題などの練習問題が豊富で解説が分かりやすく示されているものがおすすめです。宅建の試験対策としては過去問を解いて合格レベルの点数になることが大切なため、問題演習とその解説に力を入れた通信講座が役立ちます。宅建とともに難易度が高く人気があるのが公認会計士の資格です。監査・会計の専門家としてきちんとした業務を行うためには、資格が必要になります。以前は公認会計士の資格を取るなら解答速報を出している専門学校に通うのが一般的でしたが、今では自宅で学べる通信講座も人気を集めています。

ウーマン

通信講座で学ぶ

公認会計士を目指す人は社会人や学生が多く、通信講座で自分のペースで勉強するのがおすすめです。試験制度は定期的に改訂されるので、講座で最新の情報を得られます。値段だけで選ばず、有名なところ、実績のあるところを選ぶとサポートが充実しています。メールや電話で質問ができたり、自習室が利用できると便利です。

学生

高校は卒業したい方に

通信制高校はいじめや引きこもりで学校に行けなくなった方や、芸能活動やスポーツに打ち込みたい、家庭の事情などで通学が難しい方が自宅で自分のペースで学習でき、週に一度や年に数回のスクーリングに参加することで最短で3年ほどで高卒資格も得られます。

Copyright© 2018 独学で宅建の資格取得に挑戦【あると有利になる】 All Rights Reserved.