独学で宅建の資格取得に挑戦【あると有利になる】

Menu

受験対策の方法は

勉強

通信講座のメリットは

公認会計士になるには、国家試験に合格し国家資格を取得する必要があります。公認会計士の合格率は10%前後となっており、簡単な試験ではありませんし1発合格する人もそれほど多くはありません。しっかり勉強し、準備をして臨まなければ、合格することは難しいです。公認会計士試験の合格を目指して勉強する方法には、市販のテキストを買う、民間の専門学校に通学したり通信講座で学ぶ、大学の経済学部や商学部または会計大学院で学ぶという方法があります。人気があるのは民間の専門学校に通学したり、通信講座で勉強する方法です。受験資格には年齢や学歴は関係がないため社会人になってから合格を目指す人も多く、夜間スクールに通ったり、自分の都合で学習できる通信講座を利用する人が多いのです。通学や通信講座の費用相場はどちらもあまり差がなく、入学金、授業料、テキスト代などを合わせると60万円〜200万円と幅があります。どの企業が運営しているか、またはコース内容によっても大きく費用が変わってきます。ただ、大学に通学するよりも安いといえます。通信講座で公認会計士の勉強をするメリットは、一番は自分の好きな時間に学習できるというスタイルです。最近はテキストだけでなく、webやライブ授業、DVDといった映像授業を教材にしているところが増えており、通学講座さながらの授業が好きな場所で受けられます。テキストを自力で読み解くよりもわかりやすいと評判です。

Copyright© 2018 独学で宅建の資格取得に挑戦【あると有利になる】 All Rights Reserved.